忍者ブログ

脂肪腫

いつの間にか出来ている脂肪腫という名のしこり。脂肪腫って?という方も多いと思います。そこで脂肪腫とは何かをわかりやすく解説しています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブックマークに追加する

犬の脂肪腫

sponsored links

脂肪腫とは

脂肪腫とは脂肪組織が皮膚下や筋肉の間にたまることによって生じる、良性の軟部腫瘍です。脂肪腫ができると皮膚が盛り上がり、柔らかいしこりがあらわれます。脂肪腫は脂肪の塊が長い時間をかけて蓄積されることで次第に大きくなりますが、痛みを伴わないので経過観察だけで終えることも可能です。
脂肪腫はほかの腫瘍に比べて大きくなることが多く、直径が10cm以上にもなる脂肪腫も存在します。

犬の脂肪腫

この脂肪腫はヒトにも発生するのですが、それと同時に同じ症状が犬にも発生します。
犬では8歳以上の老犬に比較的多くみられますが、脂肪腫の原因自体は不明です。皮下の脂肪が無制限に増殖して大きな脂肪のかたまりを作る良性の腫瘍であり、雄にくらべて雌のほうが、やせている犬に比べて肥満体型の犬のほうが若干発生率は高いです。
脂肪腫の発生しやすい部位として脇腹・胸部・前胸骨部等の皮下脂肪組織が主な発生位置となっており、通常は一つだけ発生しますが、体中に数個できることもあり、大きさも形も一定ではありません。
脂肪腫は痛みを伴わず、触るとその触感はブヨブヨと軟らかいです。しかし、筋肉の間に発生した脂肪腫は、非常に固く感じられ、周囲の筋肉を圧迫するので、痛みを伴うようになります。

犬の脂肪腫の手術

脂肪腫は痛みを生じず、基本的には良性なので、そのまま放置しても問題ありません。
しかし、筋肉の間に発生した脂肪腫が痛みを伴う、脂肪腫が大きくなり生活の邪魔になる・何らかの障害が生じる場合は手術によって切除する必要がありますし、脂肪腫が確実に良性であると断言できる保障もありません。
また、同じ脂肪腫でも四肢の筋肉の中に入り込むタイプのものでは、簡単に切除できないので断脚が必要になる場合もあります。 手術をするにしても手術しないにしても、一度獣医に診断してもらい状態をはっきりした上で今後の処置を決めることをお勧めします。
sponsored links
PR
ブックマークに追加する
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
sponsored links

脂肪腫 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]医療保険 パソコン通販